天王町お住まいで腰の痛みでお困りの方

query_builder 2023/03/20
ブログ
IMG_3476 2

今日は腰の痛みの症状について

お話しします。


腰の症状が強い方の主な症状

腰部椎間板ヘルニアは


腰の痛みの代表格です。


椎間板ヘルニアとは

背骨のクッションである椎間板の中身が後方に

突出し、脊髄神経、神経根を圧迫することで

腰部の痛み、坐骨神経痛、痺れ、マヒなどの

下肢(下半身)症状を引き起こす状態。


これまで飛び出した髄核(椎間板の中身)を

取り除き神経の圧迫を軽減させる手術が主流でした。

現在、最も一般的に行われている経皮的髄核摘出術、

レーザーによる腰部椎間板除圧術、腰椎固定術など

多様な手術法が行われてきました。

予後はあまり差はないと報告があります。


ヘルニアを伴う腰の痛みの回復過程

1 急性期

歩行も困難なほどの腰の痛み、下肢痛が現れます。

前屈が腰の痛みで困難になり、咳をしても

下肢への痛みが出現します。


2 回復期(前期)

前かがみが比較的楽になり、基本的な動作は

できるようになります。

体を捻る、腰の疲れが蓄積すると腰の痛み

下肢痛が再発しやすいです。


3 回復期(後期)

基本的な動作はほぼ問題なくなりますが

腰部に負荷を掛け続けると腰の痛みは再発します。

動き始めの痛みはあるが持続的ではないです。

下肢の症状も残っていることもあります。


4 治癒期

ほとんど腰の痛みがない生活を送れるようになります。

急性発症、初回のヘルニアであれば1ヶ月以内

保存的(手術なし)に治療される多くの場合では

3ヶ月から4ヶ月以内に治癒期を迎える場合があります。


腰の痛みがきつい方は

ぜひ、とまり木整骨院へ

よろしくお願いします。





NEW

  • 臨時休業のお知らせ

    query_builder 2024/06/18
  • 令和7年度自費メニュー料金改定のお知らせ

    query_builder 2024/06/14
  • 天王町にお住まいで体のだるさ、頭痛でお悩みの方

    query_builder 2024/06/03
  • 1月の臨時休業のお知らせ

    query_builder 2024/01/05
  • 温度変化による体の不調

    query_builder 2023/11/24

CATEGORY

ARCHIVE